40過ぎのオッサン日記

ちょっと変わった人間のひとりごとです。

いまさら知った女性のホテルへの誘い方

オナ禁リセットしたものの、再度彼女作りのモチベーションが上がってきたので、デートからホテルへの歩の進め方の本をKindleでいくつか読み込んだ。

これは驚愕の事実であった。目から鱗が落ちたような気がした。

私はある程度顔はイケメンで女性を呑みには誘うことができていた。しかしながら、そこから先に発展したことが皆無であった。正直なところ、どうしたら良いのか分からなかった。まあ、自慰のし過ぎで性欲も抑えられてしまっていたのだろうが、そこも含めて今ひとつだった。

今までどうやったらSEXまで進めるのか知りたくて、ナンパもののポルノ動画も腐るほど鑑賞してきた。でも分からなかった。しかし今回分かった。そしてナンパものと原理は一緒であった。しかし、私は全くその原理に気付けていなかったのだ。

学んだ原理は結構単純だった。まずはSEXに興味がありそう、もしくは自分にかなり好意的な女性を誘ってお酒を飲む。次に恋愛話に持っていく。また、可能ならば下ネタを交える。そしてボディタッチをする。最後はキスをする。あとはホテルに誘う、という流れだ。

私は紳士的であろうとして過去の恋愛話は聞かないことにしていたのだが、これが大事だったようだ。恋愛話をする事で擬似的に恋愛のイメージをすることになって、頭が恋愛モードになっていくらしい。

「どれくらい彼氏いないの」「好きな男性のタイプは?」「どんなデートが好き?」などという話を振っていくのだ。そして話を進めるうちに、もしかしたら何かあるかも、と思わせる効果もある。

同じように下ネタ話は擬似SEXの効果があるらしい。しかしこれはおそらくヤル気ありありな子向けだろう。「初キッスはいつ?」「初エッチは?」「どのくらいしてない?」「過去何人と付き合った?」「一夜限りのエッチしたことある?」などの振り方だ。これはナンパ系ポルノ動画ではよく使われる話法だ。

人妻に対しては夫のことを聞き出して、「夜はどうですか」などと聞き出してご無沙汰である事が多ければ、そこを突いていきSEXに持っていく動画は多い。

下ネタまでは真面目な子だと少し向いていないかも知れないが、次に大事なのはボディタッチだ。これは身体の距離を縮めるとか、一緒に携帯の動画を見て顔を近づけるとか、手にさりげなく触れるとか、もしくは手を握る、肩や腰に触れる、髪を撫でる、などを行なって拒否反応があるかどうか探る方法だ。これは大事だと思った。

これを行なう事でどこまで自分に心と同時に身体を開いてくるかどうかが分かるからだ。女性は生理的に受け付けない場合は本当にダメだ。しかし大丈夫ならばボディタッチはいける。はあ…、勉強になるな。

最後は居酒屋などを出た後で、カラオケなどの個室や公園、自販機脇などで手を握る、ハグをする、キスをする、などを行なう。これができればホテル行きはほぼOKらしい。いや、もう読んでるだけでイケる気がしてならない。鼻息が荒くなってくる。

いやあ〜、勉強になった。やはり本を読むことはすごく大事だと痛感した。動画を見ていても全く気付けなかったことが理論的に解説されていたからだ。何冊も読むとそれぞれのやり方、時間のかけ方があるものの、本筋はほぼ一緒であった。

どんな女性であっても段取りを踏まれるかどうかで変わってくる。この段取りが踏めるかどうかがモテ男と非モテ男の違いなのだと痛感した。

あとは下準備も大事らしい。身だしなみは当然として、店のチェック、座る位置取り、店からホテルまでの距離、ホテルのチェックだ。全ての段取りを整えておく事が大事だそうだ。ふぇえ〜。😣俺、何にもしてなかったわ。やはり努力している奴がしかるべき成果を出していたのだ。

俺には努力と準備が足りていなかった…。ある程度お洒落で美味しいお店を知っていることも大事だし、会話を盛り上げる為にエッチの先にあるデートコースなども知っている必要がある。大人のバーやどんなホテルがあるか、これも勉強した方良い。うわぁ、やる事たくさんだな。

でも、ひとつでも鉄板コースが出来ればホテルには持ち込めやすくなるはず。私は40過ぎて初めて知ったけど、これを大学生くらいで気づきたかったなあ。私の親友は私の好みの子をどんどん平らげていったなあ。あれは悔しかった。

この法則をもっと早く知っていれば…と悔やまれる。ネットの情報だとまとまっていなくて断片的であったりするので、やはり書籍化されているものをお勧めします。紙の本でない一歩手前のKindleならハズレもあるが当たりは多かったです。

 

 

リセットしちまったあ😫

はい。題名にある通り、25日目にしてオナ禁リセットしちゃいました。残念。俺のバカ。やっちゃった…。

まあまあな虚脱感あり。気力の充実を感じていた日々から一転、虚脱感キタわー。

昨夜、官能小説を読んでみたのだが、以前のように性欲に振り回されなかったので、「これはかなり変化があったな」と手応えを感じ、ちょっと自分の感覚を試したくなった。これがいけなかった。

そのあと、エロマンガを読んでもまた以前とは違い、我を忘れるところまでには至らず、勃起はするものの平静を保つことができた。ほほう。

それではと、ここで禁断の果実にも触れてみることにした。禁断の果実とはエロ動画サイトだ。観ているうちにエスカレート…。超自分好みの女優が出ている動画を発見。ぬうううぅ。これは。我慢汁を滴らせながら、ギリギリの攻防が続く。ギリギリセーフの状態を1時間ほど過ごすが、その攻防に耐え切れなくなった我が愚息の痙攣が止まらない‼︎

気付けば朝4時にまで及ぶ攻防の末、我が愚息は咆哮が如き勢いをもって生気を外にほとばしらせた…。気がつけば我が性欲に振り回され、結果として完全にコントロールを失っていた。オナ禁の成果でもあるだろうが、興奮のため眠気は全く感じなかった。

やってしまった…。

エロ動画はやはり最強の敵であった。手を出すべきではなかったのだ。男はやはり視覚で興奮する生き物なのだ。動画は音、動き、声、いやらしい言葉、全てをもって興奮を高める。

仮眠ののちに今起きた所でこれを書いているが、今までの気力の充実から比べると明らかに違う。虚脱感と倦怠感、多少の動悸がある。だがオナ禁前とは違う。寝不足のはずなのにそんなに眠くない。

負けではあるものの前向きに捉え、全くのゼロに戻ったのではなく3歩進んで2歩下がった程度に受け止めたい。オナ禁の効果とその後オナニーをするとこうなる、という状態を検証することができたのだ。これはゼロではない。むしろこれからの励みになるものだ。

少し発射したものの、息をするように自慰をしていた以前と比べるならば、我が愚息の弾倉にはまだ余裕がある。とにかく前向きに捉えたい。

 

 

やっぱり気分が落ちない。

さて、もうオナ禁始めてから3週間が経過しました。まあ、劇的な変化は無いものの、やはり気分の落ち込みが無いというのが特徴だろうか。

今日も休みだったのだが、午前中にまあまあダラダラした後に、そこから一念発起して車でカフェに行ってKindleで読書を4時間くらい行なった。

その後、スーパーで買い物の用事を済ませたその足でジムに行き、ひさびさの筋トレを堪能した。いつもならば家に帰ったらもう疲れていて、あとは寝るだけコースか、もしくは無意味に「こんなことやってて大丈夫かな」とか思ってた。生産的であろうとなかろうと思ってた。

でも、今日はそのあと食事してそのままさらにKindleで読書。我ながらタフやね。目が痛いものの、気分は落ち込まない。ただ単純に疲れているだけ。それだけ。気分は落ちない。

洗濯物は溜まってて、やってないことも沢山あるけど、気分は落ち込まない。「俺、ダメなやつだな」とかいう思いが湧いてこない。自慰行為で射精するという事柄が無いだけでここまで違うとは驚きです。

あ、そうだ。そういえば今日はKindleで官能小説も読んだ。ムラムラと私の中の性欲は湧き立ってきたのだが、暴走するほどではなかった。これも以前と何かが違う。興奮していない訳はなく、きちんと愚息もガチガチに直立していた。しかしどこか冷静であった。気分をすぐに切り替える事もできた。

ただ残念なのは、女性の反応が変わっているかどうかの検証が出来ないことだ。休みの日に接触した女性はカフェとスーパーの店員くらいだ。オナ禁体験談でよくある女性の視線を感じるとかいう現象は無いように思われる。

美容院に行って髪をセットしてもらった日に女性の視線を感じるという現象はあるのだが、それと同じことが毎日続くのであろうか。マスクをしているせいでその成果が分かりにくくなっているのだろうか?そういえばストレスが少ないせいか、私のお肌のハリがすこぶる良くなっているのは確かだ。

仮に視線は感じられるようにはなっても、40過ぎのおっさんにいきなり声を掛けてくる女性が現れるとは考えにくい。いずれにしてもきちんと検証する為には、具体的に女性と知り合う行動に出なければならないだろう。

今は気分が落ちない状態ではあるものの、まだ自信が漲っているような状態ではない。放っておけば自然とそんな状態になるのだろうか。今までの成果から考えるとなくは無いだろうが、年齢的なものが関係して成果が出るのが遅いのかもしれない。

宿命大殺界に当たっていたこの20年間、自信が漲っていた経験がほぼ無いので、正直なところ自分がそんな状態になるということが信じられない。想像がつかない。

ちなみに宿命大殺界は終わったものの、いわゆる一般的に言われる大殺界に来年入る予定である。あと3ヶ月後だ。もし仮に自信満々のスーパーサイヤ人状態で大殺界を迎えたら、いったいどうなるのか。

まあ大殺界は全くモテなくなる期間という訳では無いので、女性関係のトラブルが増えるという現象が起きても辻褄は合う。

しかしなんだろう。40過ぎたおっさんが今だに恋愛に奥手でこんなオナ禁体験談をツラツラと書いているのも「今更かよ」という感じはする。だが、自分がもし「奥手だった俺がこの年齢になってからでもすごくモテて人生が変わった」という成果を出せたならば、同じ境遇にある人達に一筋の光明を与えられるのではないだろうか。

あともう少しで1ヶ月だ。そろそろ動きたいところだ。

 

 

 

マッチングアプリを検索してしまった

特に何もモテている実感はないのに、なぜか根拠のない自信が出てきてマッチングアプリをインストールしてしまった。検索していたら深夜までずっと見てしまった。

睡眠時間が少ないはずなのに、体感としてはそこまでダメージを感じていない。いつもなら「やっちまったあ」と後悔して気分がかなり落ちるのだが、今回はそれがない。オナ禁始めてからというもの、この後悔とか自分を責める感情が湧くことがなく、精神的にかなり安定している。あとは体力的に余裕がある。

あと意外だったのは、見ていたら自分の好みが分かってきたことだ。今までは普通の清楚系美人ばかりを選んでいたのだが、そうなると実際は怖気付いてしまって積極的に行けないことが多かった。理想が高すぎたのだ。

今回はなぜそういう発想になったのか、今までの積み重ねとも言えるのだが、オナ禁のせいでそうなったのか、たまたまこのタイミングにオナ禁が重なったのか、これは謎だ。ひとまず趣味趣向が違うことが分かった。

今回は「実際にキスしたいかどうか」「ヤリタイと思えるかどうか」で見ていたら、美人は外れていった。むしろ少し崩れた顔、というか、語彙がキツかった。笑。出っ歯だったり、少し何というか隙がある顔を選んでいた。

オナ禁のお陰で、本来自分が持っている本能的な欲望だったり願望が浮き彫りになっているのかもしれない。思えば今まで過去にモテていた時は、今回検索したような顔の女の子が多かったかもしれない。実際に自分が積極的に行きやすい女の子は少し隙のある子が多かった。

今回はそんな隠れた自分の性格が浮き彫りになったのであった。これはかなり衝撃的だった。自分は理想が高すぎて恋愛はほとんど振られてばかりだったのだが、今回は最初から自然と落としやすそうな女の子を選んでいるのだ。

これはオナ禁というよりはネットポルノを見ていない効用かもしれない。ネットの世界は美人ばかりが溢れているが、見ているうちに感覚が麻痺していたのかもしれない。断つことによって、より自分の本能に忠実になっていって、より自然な自分を受け入れられている気もする。背伸びしない自然体でいられる気がする。

思いがけない変化があった。まあ、まだマッチングはしていませんが。笑。まだこれから。だけど何か着実に前に進めている。

 

確かな変化。

オナ禁始めてから、確かな変化を感じる。

休みの日に1日、ずっと読書とNetflixだった。いつもだったら「こんなこと続けててどうなるんだろ?」って無駄に不安に思うんだけど。今回はただ、「ああ、疲れたな」だけだった。これ、かなり違う。

「40過ぎて独身で特に生産性の無い1日を過ごしてしまった…」「あ〜何やってんだろ」とか考えて自分を責めて、無性に不安になるのがいつもの休みのルーティンと言っても良かったのだが、これが無い。ただただ単純に「疲れた」だけ。責める気持ちなど皆無で、それ以上でもそれ以下でも無い。今までにない感覚。不思議だ。

こんな違いがあるとは思わなかった。これは明らかな違いだ。焦りや不安が無い。本当に不思議だ。たかが射精しないというだけで、人間の心理状態がこんなに違って良いのか?狐に化かされているような気分だ。

この検証としては、再度オナニーを解禁すればすぐにわかる話ではあるのだが、今さら解禁するのもかなり勿体ない話で、それこそ生産性のない話だ。それよりもオナ禁を継続してさらにどこまでメンタルが変わるのかの検証をしてみたい。

あと、こういう1日ダラダラしてた日は、ヒゲも伸び放題で酷い状態になるはずなのに、鏡を見たら「あれ?あれ?俺カッコいいな」と我ながら驚いた。肌ツヤが良いのだ。目つきも疲れていないのか?さんざん目を酷使している筈なのだが。ここ最近ろくな運動も出来ず情けない限りなのだが…。

ヒゲも伸びる長さが以前と比べて短い。確実に遅くなっている。顔の脂の出方も少ない。もっとベトベトしててもいい筈なのだが…。

最近歯を抜いて、歯が抜けた穴をいち早く修復したい一心で、毎日ビタミン剤を摂取しているのだが、そのせいなのか?まあその可能性も否定はできないが、オナ禁本で説かれている成果は確実に表れている感じはする。

加齢臭に関してはさほど変化はない気がする。これも一緒にできれば消えて欲しいのだが。これはまだまだ経過観察が必要だ。

さらに不安になって焦ってる時間が無い分だけ、いつもより時間が余る感じがする。その時間を埋めるために本を読むのだが、いつもより楽だ。焦って読んでいる感じではない分、疲れてはいるものの疲れ切ってはいない。

約3週間になるがちょっと良い変化の兆しが見え始めてきた。本当は筋トレも実施したいのだが、どうも重い腰が上がらない。活動的にはなっていないのでそこは残念なところ。まあいつもは焦りで動いている部分もあるので、焦りが無いという点では良いとも言えるかも。良い意味での自然体と言えるかも。

 

 

 

 

 

テストステロンを増加させる食品 5つ

今日はテストステロンを増やすための食事について調べた。簡単にYouTubeで済ませた。

炭水化物をきちんと摂ることが大事らしい。低炭水化物食はテストステロンを減少させるという研究結果があったらしい。まあ、摂り過ぎはもちろん良くないのだろうが少ないのは良くないらしい。また脂肪率も上がるとテストステロン値が下がることも付け加えておこう。

次に飽和脂肪酸。肉が良いみたいだが、私は肉は食べないようにしているので、ココナッツオイルやバターなどで代用するしかあるまい。基本的には肉の脂はテストステロン増加に貢献するようだ。

どんどん行こう。次はタンパク質。自分の体重1kgに対して1.6gを1日に摂取すると良いらしい。体重が60kgだったら96gだ。まあまあな量だね。ここまでで言えるのは、炭水化物、脂肪、タンパク質をバランス良く食べる、ということだ。強いて言えばタンパク質は多め、というところか。

次はコーヒー。カフェインを摂取して筋トレした場合にテストステロン増加の値が上昇したらしい。缶コーヒーは良くないという説も他で聞いた事があるのでドリップなどが良いのかもしれない。

最後に水だ。ウォーターです。1〜2%の脱水でもテストステロン値は下がることが実証されているらしく、2%の脱水で喉が少し渇いたと感じるレベルらしいので、こまめに水分補給をすることが望ましいようだ。うーむ、ちとこれは面倒かも。

しかしながら、コーヒー以外は筋トレ好きならば大抵は行っていることなので、筋トレに親しんでいる人間だとそう難しくもないことであると思われる。

 

ちなみにテストステロン値を下げるのは、スイーツ、酒、緑茶、豆、低脂肪食だそうです。酒とかスイーツが好きな人は制限するのは大変でしょうね。私は肉を食さないので、豆類の食品をたくさん食べます。ですから、何を食べれば良いの?という部分はなきにしもあらず。

 

 

17日経過

どうでもいいことだが、官能小説を読んでも以前ほど過敏に反応しなくなった。これは良いことなのか?分からない。

ヒゲが以前よりも薄くなった。…というよりは伸びるのが遅くなった、というのが正確だろう。最近、ストレスが少ないせいだろうか。でもなんだろう、気力が充実しているから、ストレスが少ないのかもしれない。

気力が充実している、というのが率直な感想だ。これはオナ禁以前にはあまり無かった感覚だ。精神が安定している。悲観的な考えに傾かなくなっている。自信満々とまではいかないけれど。

最近、親知らずを抜いたので、残念ながら筋トレは中止している。ある程度傷跡が塞がったら再開しようと思うが、テストステロン増加の試みは出来ていない。

体臭が甘くなる効果は出ていない。動物性脂肪の入った食品を食べると、寝起きに加齢臭は漂う。ここの部分は変わっていないように感じている。

睾丸は今まで搾り取られていた精液を着実に回復させており、ふっくらとしてきた。すくすく育て。あとはこの溜まった精を吐き出すタイミングが来るのかどうか、という所だ。今まで読んだオナ禁本では、自慰はNGだがしかるべき相手との本番ならば支障は無いとの解説が多かった。そしてその出番は必然的に増えるとあった。

男の子ですから、期待してしまいますね。以前のようなムラムラ、ギラギラした感じは無い。どちらかというと手を握りたいとか、抱きしめたい、が強い。この感覚が良いものなのか、それともこの先、この感覚すら無くなっていくのだろうか。